アニメ・マンガ

クリリンが何度も死んだ衝撃!? ドラゴンボールの悲しすぎる命運

ドラゴンボールシリーズでは、主人公の孫悟空の親友であるクリリンが何度も命を落としています。

しかし、クリリンの死亡シーンはファンの心を揺さぶるものばかりで、物語の展開に大きな影響を与えてきました。

今回のブログでは、クリリンの死亡について詳しく振り返ってみましょう。

 

 

1. クリリンの死亡回数と衝撃的な死に方

death

クリリンはドラゴンボールシリーズで何度も死んでおり、その死に方も非常に衝撃的でした。

彼の死亡回数は原作では3回であり、GTも含めると4回という経験豊富なキャラクターです。

 

1回目の死は、第22回天下一武道会の直後に起きました。

クリリンはピッコロ大魔王の手下のタンバリンによって殺されました。

悟空たちは彼の悲鳴を聞いて駆けつけましたが、既にクリリンは亡くなっていました。

彼の死体は特に大きな外傷がなく、横に横たわりながら目を開けている様子はミステリー漫画の殺人現場のようでした。

 

2回目の死は、フリーザによって引き起こされました。

ナメック星での戦いの中で、クリリンはフリーザの怒りを買い、最後の言葉を残して大爆発を起こしたのです。

この衝撃的な死は、悟空の怒りの頂点となり、彼はスーパーサイヤ人に変身しました。

 

3回目の死は、魔人ブウに食べられる形で起きました。

クリリンは愛する妻である18号と息子のマーロンを守るために自ら囮になりました。

そしてGTでは、人造人間17号によって殺されました。

クリリンの死には衝撃的なものが多く、ファンもかなり驚かされました。

彼が死ぬ度に、悟空も大きな動揺を経験し、彼の死は物語に深い影響を与えました。

 

2. クリリンが初めて死んだ衝撃的な場面

 

クリリンが初めて死亡したのは、第22回天下一武道会後の出来事でした。

この場面は、ドラゴンボールファンにとって非常に衝撃的で、予想外の展開でありました。

天下一武道会の終了後、悟空が戦い疲れていたため、クリリンはみんなから離れて荷物を取りに行きました。

しかし、その瞬間、ピッコロ大魔王の手下であるタンバリンによって殺されてしまいました。

このクリリンの死の場面は、まるでミステリー漫画のような殺人現場のようで、衝撃的な演出がされていました。

このシーンは、敵が強敵であることを暗示する不気味さを十分に伝えています。

クリリンは物語の主要キャラクターでありながら、この場面で初めて死亡してしまい、多くのファンにとって予想外の展開となり、大きな衝撃を与えました。

このクリリンの死亡により、物語の雰囲気は一気に重苦しくなり、戦いも困難なものとなっていきました。

悟空もこの場面にはかなり動揺し、通常はニコニコしている彼が激怒し、タンバリンを追いかけて「ぶっ殺してやる!」とまで叫びました。

この場面でのクリリンの死は、彼が17歳であり、恋もしたいお年頃の青春真っ只中であったことを考えると、思いもよらない展開でした。

この初めての衝撃的な死の場面は、ドラゴンボールシリーズにおいて非常に印象的な出来事であり、多くのファンが衝撃を受けました。

その後もクリリンは様々な戦いで死を経験しましたが、彼の勇気とキャラクターは多くの人々に尊敬されました。

クリリンの死亡シーンを通じて、彼の性格と魅力がより際立ってきました。

彼は普段は逃げ腰のように見えますが、必要な時には強さを持ちながらも、大切な人を守るために立ち向かう勇気を持つキャラクターです。

彼の死亡シーンは、ドラゴンボールシリーズの中でも特に印象的な場面の一つであり、クリリンのキャラクターの重要性を浮き彫りにします。

これからもクリリンの活躍に期待しましょう!

彼の死んだシーンは、誰もが忘れることのできない一瞬です。

 

3. クリリンがこんなに死ぬ理由

anime

クリリンが何度も死ぬ理由について考えてみましょう。

クリリンは悟空の親友という立ち位置にあり、物語の進行に伴い悟空との実力差が開いていきました。

これがクリリンが多く死ぬ理由の一つと言えるでしょう。

クリリンが死ぬ場面では、悟空との関係性が強調されています。

彼は悟空を認め、労り、時には頼りにもなる良き友人です。

そのため、クリリンの死は物語において大きなインパクトを与え、視聴者の感情を揺さぶる要素となっています。

また、クリリンの死は彼の人柄や性格にも関わっていると言えます。

彼は悟空を支える存在であり、他のキャラクターとは異なる魅力を持っています。

クリリンは悟空を守るために自己犠牲をする場面もあり、その人の良さが存分に表れています。

クリリンの死は物語の展開において重要な役割を果たしていますが、彼が筋斗雲に乗れないことは少し不思議です。

物語上の理由があるのか、または作者の意図なのかは定かではありませんが、それもクリリンのキャラクターの特徴と言えるのかもしれません。

 

【まとめ】
クリリンが多く死ぬ理由は、彼が悟空の親友である立ち位置からくるものと言われています。

物語の進行に伴い、悟空との実力差が開いていき、クリリンの死は大きなインパクトを与えます。

彼の人柄や性格もクリリンが死ぬ理由の一つであり、彼のキャラクターの魅力を引き出しています。

また、クリリンが筋斗雲に乗れないことは少し不思議ですが、それも彼の特徴の一つと言えるでしょう。

 

4. 未来でも殺されていたクリリン

 

未来の世界では、クリリンも殺されていました。

トランクスのいた未来の世界では、人造人間17号と18号によってクリリンが殺されてしまったのです。

このような悲劇的な因縁があったため、歴史が変わった世界戦では、クリリンは18号と夫婦になっていました。

しかし、なぜ未来のクリリンは生き返ることができなかったのでしょうか?

それはピッコロも殺されていたからです。

ピッコロは地球の神と一心同体であり、どちらかが死ねば両方が死んでしまうのです。

ピッコロが殺され、地球の神も死んでしまったため、ドラゴンボールは消滅し、クリリンが生き返ることはできませんでした。

また、アニメオリジナルストーリー「ドラゴンボールGT」でもクリリンは殺されています。

殺したのはなんとクリリンの妻である人造人間18号の双子の弟、17号でした。

地獄でドクター・ゲロと手を組み、新たな17号を造り上げた悪の科学者ドクター・ミューによって、17号は洗脳され、クリリンを殺すようになってしまったのです。

しかし、この時もクリリンはドラゴンボールによって生き返ることができました。

クリリンは本当に運がないキャラクターですね。

未来でも殺されていたクリリンの運命は、彼の立ち位置や物語の展開によるものです。

悟空の親友であるクリリンは、物語の進行や強敵の登場によって、次々と死亡の運命に見舞われました。

彼の死は物語の流れにおいて重要な出来事であり、多くのファンに衝撃を与えました。

クリリンは地球人最強とも言われるキャラクターですが、物語が進むにつれて悟空との実力差が開いてしまい、次第に一線から退いていきました。

しかし、クリリンは常に悟空を認め、時には頼り、時には頼られる素晴らしい関係を築きました。

彼の人の良さと悟空への信頼が、彼の周りに多くの人々を集める理由の一つとなっています。

クリリンの性格や行動は、彼の悟空への忠誠心や人間らしさを表しており、多くのファンから愛されています。

彼は最後まで悟空を守る親友として存在し続け、その人間味あふれる魅力がファンに強く訴えかけたのでしょう。

最後に、個人的な疑問ですが、なんでクリリンは筋斗雲に乗れないんでしょう?

昔は分かるけど、今なら乗れそうですよね!

 

まとめ

クリリンの多くの死亡シーンは、ドラゴンボールシリーズの物語に大きな影響を与えてきました。

彼が悟空の親友として、時には犠牲になりながらも悟空を守り続けたことで、クリリンのキャラクター性が際立ち、多くのファンから愛されています。

クリリンは実力的には悟空に及ばないものの、人間性の豊かさから生まれる勇気と誠実さで読者の心を捉えてきたといえるでしょう。

未来でも繰り返し殺されるという悲劇的な運命にあったクリリンですが、その死は物語を支える重要な要素となり、ドラゴンボールファンにとって忘れられない印象深い存在となっています。

 

アニメシリーズ「ドラゴンボールDAIMA」 2024年 秋 展開決定❕

東映アニメーション公式YouTubeチャンネル youtube.com/c/ToeiAnimation60th

 

【無料】人気の漫画が32000冊以上読み放題【スキマ】

-アニメ・マンガ