アニメ・マンガ 音楽

YOASOBI が歌うアニソン!アニメあらすじ徹底解説

yoasobiが歌うアニソン!アニメあらすじ徹底解説

Yoasobiが歌うアニソンは、アニメの世界観と完璧にマッチし、そのストーリーをより一層深く感じさせる魅力があります。

彼らの楽曲は映像と共に視聴者の心に響き、作品の魅力を引き立てます。

この記事では、Yoasobiの楽曲と、その楽曲が使われているアニメ作品のあらすじを詳しく解説します。

 

Yoasobiの楽曲とは?

Yoasobiは、小説を元に楽曲を制作するユニットとして知られています。

その独特なスタイルは、リリカルでドラマティックな歌詞と、斬新で心地よいメロディが特徴です。

リスナーは楽曲を聴きながら、その背後にある物語を想像することができます。

彼らの代表曲「夜に駆ける」や「群青」は、その独自のアプローチによって多くのファンを魅了しています。

 

アニメと音楽の関係性

アニメにおける音楽の役割は非常に重要です。

オープニングやエンディング曲は、作品の第一印象を決定づける大きな要素です。

このため、楽曲の選定には細心の注意が払われます。

Yoasobiの楽曲は、そのストーリー性や感情を引き出す力から、多くのアニメ作品に採用されてきました。

楽曲がアニメの世界観を補完し、視聴者により深い印象を与えることができるのです。

 

Yoasobiが起用された理由

Yoasobiがアニソンに起用された理由は、その楽曲の高い完成度と、ストーリーテリングの能力にあります。

彼らの楽曲は、単に音楽として楽しむだけでなく、歌詞の奥に秘められた物語を感じ取ることができます。

このため、アニメの世界観と合致しやすく、視聴者に新しい体験を提供することができます。

また、彼らの楽曲は幅広い世代に支持されており、アニメのターゲット層とも一致するため、多くの作品に採用されています。

 

代表的なアニソンの紹介

アニメソング、通称アニソンは、アニメ作品において感情やストーリーを一気に引き立てる重要な要素となっています。

アニメの魅力を音楽で表現することで、視聴者の心に深く残るシーンが数多く生まれます。今回は、特に人気のあるアニソンについて詳しく見ていきましょう。

例えば、YOASOBIの「怪物」は、アニメ『BEASTARS』第2期のオープニングテーマとして注目を浴びました。

この曲は、独特な世界観と緊張感あふれるリズムが特徴で、アニメのダークで複雑なストーリーを音楽で見事に表現しています。

同じく『BEASTARS』第2期のエンディングテーマであるYOASOBIの「優しい彗星」も、切ないメロディと歌詞で視聴者の心を掴む一曲です。

アニメのキャラクターの内面を深く掘り下げるような歌詞が印象的で、物語のテーマにマッチしています。

次に、YOASOBIの「祝福」は、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の主題歌として話題になりました。

壮大で力強い旋律がガンダムの世界観にぴったりで、視聴者を物語の中に引き込みます。

また、この曲を聴くとアクションシーンが鮮明に思い出され、視聴体験をより深めます。

さらに、『推しの子』のオープニングテーマとして人気のあるYOASOBIの「アイドル」も見逃せません。

ポップなリズムとキャッチーなメロディが特徴のこの曲は、登場人物たちのリアルな感情や悩みを歌詞で表現しており、聴く人の共感を呼びます。

また、『葬送のフリーレン』のオープニングテーマである「勇者」は、勇者の旅路とその後の物語を描いたアニメに相応しい壮大なスケールの楽曲です。

リリックの中には勇気や希望、そして冒険のスピリットが込められており、まさにアニメのテーマにぴったりです。

これらの楽曲は、各々のアニメ作品に欠かせない要素となっており、物語をより深く理解する手助けをしてくれます。

アニソンが持つ力は非常に強大で、視聴者の感情を動かし、アニメの魅力を一層引き立てる役割を果たしています。

 

アニメ「BEASTARS 第2期」

YOASOBIの「怪物」は、アニメ『BEASTARS』第2期のオープニングテーマと「優しい彗星」は『BEASTARS』第2期のエンディングテーマを担当しています。

テレビアニメ『BEASTARS』第2期オープニングテーマ 「怪物」

『BEASTARS 第2期』のあらすじ

夏休みが終わり、元の平穏な学園生活に戻ったレゴシ。

しかし、テムを食べた食殺犯はいまだに捕まっておらず、野放しのまま。

誰もが認めるビースター候補のレゴシは、この事件の真相解明に向けて動き始めます。

一方で、ルイの姿が学園から消えていることに気づいたレゴシ。

ルイの行方を追ううちに、ルイが自身の獣性と向き合うため、学園を離れていったことが明らかになります。

レゴシは、ルイを探し出し、自身の信念のために決闘に挑むことを決意します。

獣たちの間で巻き起こる混乱の中、レゴシはルイと対峙することになります。

この決闘を通して、レゴシはさらに自身の獣性と向き合い、ハルのために強くなると誓います。

一方で、食殺犯の正体も徐々に明らかになっていきます。

物語は、レゴシの成長と、獣たちの葛藤を丁寧に描いていきます。

ルイとの決闘を経て、レゴシはさらに自身の道を見出していくのです。

 

 

「BEASTARS 第2期」の人気と評価

「BEASTARS 第2期」は、前作に引き続き高い人気と評価を得ています。

原作コミックスは、2017年から連載が始まり、多くのファンを獲得してきました。

アニメ化された第1期も、独特の世界観と深い物語性が高く評価されました。

第2期では、レゴシの成長と獣たちの葛藤がさらに掘り下げられています。原作ファンからも、「原作の世界観がよく表現されている」と好評を得ています。

また、アニメレビューサイトでも高い評価を得ており、「キャラクターの心情描写が素晴らしい」「物語の展開が緻密で引き込まれる」といった声が上がっています。

第2期では、レゴシとルイの決闘を中心に、獣性と共生をテーマとした物語が展開されます。

これらのテーマ性も高く評価されており、ガンダムシリーズの新たな挑戦として注目を集めています。

今後も、レゴシを中心とした物語の展開に注目が集まっていくことでしょう。

アニメ化により、より多くの人に「BEASTARS」の魅力が伝わっていくことが期待されています。

テレビアニメ『BEASTARS』第2期エンディングテーマ 「優しい彗星」

 

 

アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」

YOASOBIの「祝福」は、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の主題歌として話題になりました。

テレビアニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』Season1オープニングテーマ 「祝福」

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」は、ガンダムシリーズの最新作品です。

宇宙移民が進む中、地球居住者アーシアンと宇宙移民スペーシアンの対立が描かれています。

物語の主人公は、プラント・クエタで企業の宇宙開発に従事するスレッタ・ヒューズ。

彼女は、母親のプロスペラとともに、テロ事件に巻き込まれてしまいます。

混乱する中、スレッタは仲間を救うため、戦闘に参加することを余儀なくされます。

一方で、アーシアンとスペーシアンの対立の根源にある真実に迫っていきます。

スレッタは、自身の過去や家族の秘密にも触れていきます。

そして、アーシアンとスペーシアンの対立を止めるべく、彼女の行動は大きな影響を及ぼしていきます。

物語は、宇宙開発と移民問題、そして家族の絆といったテーマを巧みに描いています。

スレッタを中心に、様々なキャラクターの葛藤や成長が描かれていきます。

 

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の人気と評価

 

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」は、ガンダムシリーズの最新作品として高い期待を集めています。

原作コミックスは、2021年から連載が始まり、すでに多くのファンを獲得しています。

「このマンガがすごい!」大賞にもノミネートされるなど、高い評価を得ています。

アニメ化された2023年からは、さらに多くのファンが増えています。

アニメレビューサイトでは高い評価を得ており、「壮大な世界観」「キャラクターの描写が魅力的」と好評です。

また、作品のテーマ性についても、「宇宙移民問題」や「家族の絆」への切り込みが評価されています。

ガンダムシリーズの新たな挑戦として、注目を集めています。

今後も、スレッタを中心とした物語の展開に注目が集まっていくことでしょう。

アニメ化により、より多くの人に「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の魅力が伝わっていくことが期待されています。

 

アニメ「推しの子」

『【推しの子】』のアニメ化は2022年6月に発表され、2023年2月19日にYOASOBIがオープニングテーマを担当することや、曲名が「アイドル」であること、漫画の著者赤坂アカが楽曲の原作となる短編小説を描き下ろしたことが発表されました。

テレビアニメ『【推しの子】』第1期のオープニングテーマ 「アイドル」

「推しの子」は、赤坂アカ原作、横槍メンゴ作画による人気漫画が原作のファンタジーアニメです。

主人公の青年が死後に前世の記憶を持ったまま、推していたアイドルの子供に生まれ変わる、いわゆる「転生もの」の物語です。

物語の始まりは、地方都市で産婦人科医として働くゴローが、ある日突然、自身の「推し」であるアイドル「B小町」のアイが目の前に現れたことから描かれます。

アイには、ある禁断の秘密が隠されていることが明らかになります。

ゴローとアイの出会いは、まさに「最悪」と言えるものでした。

しかし、二人の出会いを機に、運命が動き出していくのです。

アイの秘密を知ったゴローは、彼女を守るべく行動を開始します。

一方で、アイの所属するアイドルグループ「B小町」の闇にも迫っていきます。

芸能界の裏側に隠された真実を暴いていくことで、ゴローとアイの運命は大きく変わっていきます。

「推しの子」は、転生ファンタジーの要素と、現代社会を投影したサスペンス要素が融合した作品です。

ゴローとアイの出会いから始まる物語は、視聴者を惹きつけ続けることでしょう。

 

「推しの子」の人気と評価

「推しの子」は、原作コミックスが高い人気を誇る作品です。

2021年には「このマンガがすごい!」大賞を受賞するなど、高い評価を得ています。

アニメ化された2023年からは、さらに多くのファンが増えています。

アニメレビューサイトでは高い評価を得ており、「サスペンス要素が魅力的」「キャラクターの描写が秀逸」と好評です。

また、作品のテーマ性についても、「現代社会の闇」や「アイドル文化」への切り込みが評価されています。

「ブギーポップシリーズ」のようなアプローチだと感じられる視聴者もいるようです。

今後も、ゴローとアイの運命の行方に注目が集まっていくことでしょう。

アニメ化により、より多くの人に「推しの子」の魅力が伝わっていくことが期待されています。

TVアニメ『【推しの子】』第2期 2024年7月3日(水)より全国35局にて放送開始 ABEMAにて地上波同時・単独最速配信決定



アニメ「葬送のフリーレン」

2023年9月から2024年3月まで、日本テレビ系列ほかにて連続2クールで放送されました。

第1クールはYOASOBIによる「勇者」でオープニングテーマを担当しました。

テレビアニメ『【葬送のフリーレン】』第1クールのオープニングテーマ 「勇者」

「葬送のフリーレン」は、山田鐘人とアベツカサによる人気漫画が原作のファンタジーアニメです。魔王を倒した後の世界を舞台に、千年以上生きる魔法使いのフリーレンが主人公です。

物語の始まりは、勇者と共に魔王を倒したフリーレンが、その後の世界を旅する姿から描かれます。フリーレンは、長い生涯の中で出会った人々の物語を綴っていきます。

一方で、フリーレンの過去にも秘密が隠されていることが明らかになっていきます。魔王を倒した後の世界で、フリーレンはどのような出会いと別れを経験していくのでしょうか。

アニメ「葬送のフリーレン」は、ファンタジーの世界観の中で、人間の生きる意味や死生観などを深く掘り下げていく作品となっています。フリーレンの旅を通して、視聴者も人生の本質的な部分について考えさせられるはずです。

葬送のフリーレン STORY(あらすじ)公式HP https://frieren-anime.jp/story/

「葬送のフリーレン」の人気と評価

「葬送のフリーレン」は、2021年にマンガ賞の大賞を受賞するなど、高い評価を得ている作品です。コミックスの累計部数は2100万部を突破しており、多くの読者を獲得しています。

アニメ化された2023年からは、さらに多くのファンが増えています。アニメレビューサイトでは高い評価を得ており、「ストーリーや映像&演出すべて粗がない」と好評です。

また、作品のテーマ性についても、「死」や「時間」といった深い問題を扱っていると評されています。「ブギーポップシリーズ」のようなアプローチだと感じられる視聴者もいるようです。

今後も、フリーレンの旅を通して、人生の本質的な部分に迫っていくことが期待されています。アニメ化により、より多くの人に「葬送のフリーレン」の魅力が伝わっていくことでしょう。

 

ファンの声と評価

Yoasobiのアニソンに対するファンの声は非常に高評価です。

楽曲がアニメの世界観に合っていて、感動した」「歌詞が深く、繰り返し聴くことで新たな発見がある」といった声が多く寄せられています。

また、彼らの楽曲をきっかけに、原作の小説やアニメにも興味を持つようになったというファンも少なくありません。

このように、Yoasobiの楽曲はアニメ作品に新しい風を吹き込み、多くの支持を集めています。

 

Yoasobiのアニメソングが生まれるまで

Yoasobiは、日本の音楽ユニットとして数々のヒットを生み出してきました。

特にアニメソングにおいては、その象徴的な楽曲が多くあります。

「BEASTARS 第2期」の「怪物」や「優しい彗星」はその代表例で、多くのファンに愛されています。

ここでは、Yoasobiのアニメソングがどのように制作されているのか、その過程を詳しく解説します。

 

楽曲制作の背景

Yoasobiの楽曲制作は、原作小説やマンガのストーリーが土台となります。

例えば、「BEASTARS 第2期」の「怪物」は、原作の深いテーマに則して制作されました。

また、最近の「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」も同様に、作品のテーマに深く関わっています。

Yoasobiは常に作品のメッセージやキャラクターの感情を忠実に再現しようと努めています。

 

作詞・作曲の過程

作詞・作曲の過程は非常に綿密かつ計画的です。

まず、原作ストーリーを徹底的に読み込み、キズナが持つメッセージを音楽に落とし込みます。

例えば、「推しの子」の「アイドル」では、アイドルの表と裏の生活がテーマとなり、その視点から歌詞が作られました。

曲のテーマが決まると、それに合わせたメロディーが作成されます。

Yoasobiは、これらプロセスを何度も見直し、最高の楽曲を目指します。

 

アニメ制作チームとのコラボ

楽曲制作にはアニメ制作チームとの緊密なコラボレーションが欠かせません。

Yoasobiはアニメ制作チームと頻繁にコミュニケーションを取り、ストーリーボードやキャラクターデザインを共有し合います。

例えば、「葬送のフリーレン」では、勇者の物語をどのように音楽で表現するか、制作陣と熱心に意見を交換しました。

このような連携により、音楽と映像が一体となった作品が完成します。

 

ミュージックビデオ制作

ミュージックビデオ(MV)の制作も重要な要素です。

YoasobiのMVはその楽曲のテーマを視覚的に表現するもので、アニメーション技術を駆使して制作されることが多いです。

「BEASTARS 第2期」の「優しい彗星」のMVは、作品世界の情感を見事に捉えています。

MV制作は専門家と協力し、時間をかけて丁寧に行われ、そして完成度の高い映像作品が生まれます。

 

リリースまでのスケジュール

楽曲のリリースまでには、厳密なスケジュール管理が行われます。

作詞・作曲、レコーディング、MV撮影と編集、最終調整など、段階ごとにタスクが設定されています。

Yoasobiはこのスケジュールを遵守し、タイミングよく楽曲をリリースします。

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」や「推しの子」の「アイドル」など、各作品との連携が求められるため、このスケジュール管理は非常に重要です。

Yoasobiアニソンの魅力を探る

Yoasobiはそのユニークなアニソンのスタイルで多くのアニメファンを魅了しています。

「BEASTARS 第2期」の「怪物」や「優しい彗星」、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」から、「推しの子」の「アイドル」、「葬送のフリーレン」の「勇者」まで、それぞれの作品に新たな色を加えています。

この記事では、そんなYoasobiのアニソンの魅力を深掘りしていきます。

 

歌詞の意味とストーリー

Yoasobiの歌詞は、物語性にあふれています。

「BEASTARS 第2期」の「怪物」では、人間と獣の間で揺れる感情を描き、「優しい彗星」では儚くも美しい関係性を歌っています。

また、「推しの子」の「アイドル」では、アイドルとしての光と影を深く掘り下げています。

その一方、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」では、未来と希望を歌う歌詞が多くのファンを魅了し、「葬送のフリーレン」の「勇者」では冒険と決意を描いています。

これらの歌詞は全て、作品のテーマとキャラクターの心情に深くリンクしており、聴く者に強い共感を呼び起こします。

 

メロディーとサウンド

Yoasobiの楽曲は、その独特なメロディーとサウンドが特徴です。

「BEASTARS 第2期」の「怪物」では、激しいリズムとサスペンスフルなメロディーが、物語の緊張感を高めます。

一方で、「優しい彗星」では、穏やかなピアノの旋律が心に染み渡ります。

また、「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」では、壮大なサウンドスケープが未来への希望を体現しています。

「推しの子」の「アイドル」や「葬送のフリーレン」の「勇者」では、それぞれの物語の雰囲気を完璧に捉えるメロディーが印象的です。

これらのサウンドが、視聴者を作品の世界に引き込む一助となっています。

 

アニメとのシンクロ率

Yoasobiの楽曲は、アニメの映像とのシンクロ率も高いです。

「BEASTARS 第2期」の「怪物」では、激しいアクションシーンと楽曲のリズムが完璧にマッチし、視聴者を引き込む力を持っています。

「優しい彗星」の映像と音楽の調和も見事で、切ないシーンをさらに強調します。

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」では、未来的な映像と音楽が融合し、新しい世界観を感じさせます。

また、「推しの子」の「アイドル」では、アイドルライブのシーンと曲が一体となり、迫力満点です。

「葬送のフリーレン」の「勇者」も、冒険シーンと絶妙にシンクロし、視聴者を冒険の旅へと誘います。

 

演奏とアレンジ

Yoasobiの楽曲は、演奏とアレンジの質の高さも魅力の一つです。「BEASTARS 第2期」の「怪物」では、重厚なバンドサウンドが作品のダークな雰囲気を引き立てます。

一方、「優しい彗星」では、クラシカルなピアノとオーケストレーションが、繊細な感情を表現します。

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」では、エレクトロニックなアレンジが未来的な雰囲気を強調しています。

「推しの子」の「アイドル」では、ポップでキャッチーなアレンジが、一層アイドルの華やかさを引き立てています。

「葬送のフリーレン」の「勇者」では、冒険心を掻き立てる多彩な楽器の響きが、作品の壮大な世界観を完璧に補完しています。

 

ライブパフォーマンス

Yoasobiのライブパフォーマンスも、その魅力の一つです。

「BEASTARS 第2期」の「怪物」や「優しい彗星」は、ライブでの激しいパフォーマンスと繊細な演奏が見事に融合しています。

 

「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の「祝福」では、未来感あふれるステージ演出が視覚的にも楽しめます。

「推しの子」の「アイドル」では、観客との一体感が生まれ、まさにライブそのものがエンターテインメントです。

 

そして「葬送のフリーレン」の「勇者」では、壮大な演出と共に、観客を冒険の世界へと誘い込みます。

これらのライブパフォーマンスを通じて、Yoasobiの楽曲はさらに多くの人々に愛されています。

 

まとめ

この記事では、YOASOBIが手がけるアニソンについて詳しく紹介し、その魅力や制作過程を探ってきました。

特にYOASOBIの楽曲は、アニメの世界観を深く再現し、視聴者やリスナーに強烈な印象を与えるという特徴があります。

その音楽はただのBGMにとどまらず、作品自体の重要な一部として機能しているのです。

アニソンにおけるYOASOBIの独自性は、その制作過程にも見ることができます。

原作小説やストーリーを基に楽曲を生み出すという手法は、彼らならではのアプローチであり、リスナーに新たな視点や感情を提供します。

このアプローチが、多くのファンを引きつける理由の一つといえるでしょう。

YOASOBIが手がけるアニソンには、深い感情表現と卓越した音楽性が詰め込まれており、それがアニメの魅力を一層高める役割を果たしています。

今後も彼らの新たな作品がどのようにアニメと融合し、新たな物語を紡ぎ出すのか、期待が高まります。

YOASOBIのアニソンに触れれば、その奥深さと革新性にきっと感動することでしょう。

 

-アニメ・マンガ, 音楽